ゴルフの飛距離を伸ばしたい

ゴルフの飛距離を伸ばしたい

ゴルフをしていると必ず出てくる悩み

ゴルフは紳士のスポーツである、などと言われているものだ。その実もマナーなどに徹底した姿勢が求められることも知られている通り、まずホールを闊歩するためにはそうした一連のマナーをキチンと熟知していなければならないとまで感じている人も多いだろう。スポーツの世界ではスポーツマンシップに基づいて正々堂々と闘うことが第一条件として数えられているとも言われている、中でもゴルフは相手を重んじたプレイが特に必要だという。一時期、ゴルフのマナーについて厳しく問いかける過激な動画が公開されて話題を呼ぶなど、色々と厳しいことで知られている。

さてここで一つ考えて欲しいのだが、ゴルフはスポーツとして称されているが、実態は勝負の世界だ。勝負とは必然、勝者と敗者に分かたれる事が前提付けられているため、必然と誰かが誰かの上に立つことになる。そんな世界で、マナー動向と気を払わなくてはならないというのは少し難しい。勿論相手に対して故意ともいえる危害を加える事はご法度だ。だからこそ野球にしても、サッカーにしても、危険なプレイをした選手にはペナルティが課せられる。ゴルフは基本単独でボールをクラブで飛ばすことになるわけだが、この時ホールで歩いているプレイヤーに対してぶつけないようにするのもそうだが、後続にいるプレイヤーがつまらないよう迅速に行動しなければならないとも言われている。

やらなければならないことが山積みなゴルフだが、正直そういった点は細かい事として処理するに限る。勝負に変わりないため、マナーを気にしつつ、誰にも負けないようにプレイする事は誰もが意識しているはずだ。プロの世界でも鬼気しに勝る表情を浮かべながら、ラウンドしているプレイヤーを見るだけで観客は息を飲む。ショットを放った結果がどのようになるかも、緊張の連続だ。

ゴルフをしている瞬間、または観覧している時に一番気になるのは、何といっても‘飛距離’だ。最初の一打で決まることはないが、やはり遠くに飛ばせられたらと思うのは、誰もが思うところだ。しかし飛距離を伸ばすという話になったら、それはただゴルフクラブを振り回していれば何とかなる、というモノではない。それでいいのならプロになった方が手っ取り早いが、プロとして活躍している選手も常日頃からトレーニングを課している。そのトレーニング内容によって飛距離が伸びるように努力しているわけだが、アマチュアとして、または趣味の一環としてしている人達も必要かと聞かれると、明言すれば必要だ。無論プロがしていることをそのままやれというわけではないが、最低限しておくことで飛距離を飛躍的に伸ばすことに成功している人も出てきている。

このサイトではそんなゴルフをプレイしているとどうしても出てくる問題である、飛距離を伸ばすのはどうしたらいいのかを、筆者本人の考察を元に紹介していこう。

飛距離を伸ばすコツ

ゴルフの飛距離を伸ばすために必要なのはトレーニングもそうだが、ただ身体を鍛えていれば解決する問題でもない。中々デリケートな問題でもあるわけだが、飛距離を伸ばすためには具体的にこんなことを見直す必要があると言われている。

飛距離が伸ばすために見直す点

  • ・使用しているクラブが適切かどうか
  • ・ゴルフをするために必要な筋力が備わっているかどうか
  • ・ゴルフクラブを振り回す際のスイングの姿勢が整っているか
  • ・練習を怠らず行っているか

飛距離が伸びないのは自分に原因がある

最初に当たり前のことを言っておくと、飛距離が伸びない原因を作っているのは他でもない、自分だということを認識することが大事だ。自分のしているプレイスタイルは間違っていない、自分の使っているクラブは間違いなく優れているなど、そんなことを考えている人はどうしてもいる。中には自分が正しいんだからこうしろと強要する面倒な人がいるかもしれない、それによって飛距離が余計に短くなってしまったと悩みを抱えてしまう人も出てくるかもしれない。自分のしていることが正しいと思いたくなる心理も理解できなくはないが、プロではないという点を加味するとまず自分のしていることが正しくないかもしれないという疑問を持つ事はどんなことでも大事だ。

飛距離を伸ばすために出来ること、それはまず自分のプレイスタイルが本当に正しく機能しているのかを見極めることだ。それを知るためにもやはり知り合いなどにフォームを見てもらって、スイングをしているときの重心やクラブの握り方といった細かいところまで、よく確認してもらうことで飛距離アップの鍵を見つけられる。

クラブによって違う飛距離

ゴルフをしている、もしくはしてはいないけどテレビで観戦してから、最低限の知識は手に入れたという人はある程度理解していると思うが、ゴルフの飛距離は純粋に使用しているクラブの種類で大きく異なってくるものだ。中でも広範囲のホールとなればドライバーの存在無くして廻りきることは出来ない。ゴルフドライバーは基本初打において使用され、最初の一打で何処までグリーンまでの距離を縮められるかで、その後のゲーム展開が大きく左右される。

このドライバーを使用すれば初心者でもある程度飛距離は伸ばせるものだ。無論それ相応のトレーニングを積んでいることが条件だ、何の練習も無く飛距離がアマチュアの最高水準まで伸びるといったような展開はまずありえない。ゴルフで飛距離を伸ばすためには地道な努力を積み重ねることで、ようやく手に入れられる努力の結晶のようなものだ。怠慢でただただクラブを振り回し、闇雲にゴルフをしているだけでは当然成果など生まれるはずもない。

どんなことでもまず一歩から徐々に結果を残していく、ゴルフもそうした小さな踏み出しから始まって、大きくその結果を叩き出せることを認識することを念頭に入れてもらいたい。

ゴルフをしないビジネスマンが損することとは